logo SERVICE WORK TOPIC MEMBER RECRUIT
NOTEを見に行く
logo drawer_menu
note wantedly
logo drawer_menu

BRAND DESIGN

企業やサービスが持つ価値を磨き
消費者の心に届きやすくするための
「象徴」を作り出します。
企業やサービス独自の価値と、消費者やユーザー
が心に抱く印象を一致させ、
本来あるべき姿、個性を引き出し浸透させます。

サービス紹介


企業ブランドデザイン
企業やブランドの理念開発および、内外部発信向けのコミュニケーション戦略立案を行い、
理念を体現するクリエイティブ(CI・VI・タグライン・メッセージ・アイテム)で表現します。
サービスブランドデザイン
本来、持ち合わせている「本質的な価値」の抽出を行いながら、消費者との共感を得るため、
ビジネス思考、ユーザー思考の両側面からブランドの「主張」を作り上げ、発信します。

サービスの流れ


なにを、なぜ伝えるのか(調査)
まず企業資産(ブランド資産)の分析と現状把握をするために、
ヒアリングや調査をします。
また、現状だけでなく企業や経営者の過去にまでにさかのぼり、
必然性や意義、想いを抽出します。
誰に伝えるか(ターゲット設定)
次に誰にメッセージを伝えるか(伝えたいのか)ターゲットを考えます。
事業であれば理想の顧客。社内であれば対象となる社員。
採用であれば求める人物像の具体化をします。
どう伝えるか(企画・設計)
課題を解決するためのブランドデザイン、
企画設計、クリエイティブ制作など
実際のソリューションを考え、実行します。
どう具現化させるか(浸透・運用)
成果を残すことは大前提ですが、
ゴールは継続性や再現性のある状態になることを目指します。

特徴


会社やサービスであっても
「ひとりの人」をイメージして創りあげていくこと
characteristic
存在意義
性質や
歴史から紐解く必然性
characteristic-wave
characteristic
経営理念
ビジョンや理念など
企業の想い
characteristic-wave
characteristic
事業
社会との接続点として
選んだビジネス
characteristic-wave
characteristic
サービス
商品
自社にしか提供
出来ない価値
characteristic-wave
characteristic
ファン形成
あらゆるタッチポイントで
信頼関係を構築
世の中のより多くの人ではなく、たった一人をイメージしながら、
「何を信じているか」や「どうしてそれをやりたいか」といった想いを起点にブランディングしていきます。
私たちは、そんな想いこそが人を集め、ココロを動かすと信じているからです。