DXとは KNOWLEDGE
KNOWLEDGE

【2024年最新版】DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?意味から事例、進め方、トレンドなど分かりやすく解説!

現代のビジネス環境において、デジタルトランスフォーメーション(DX)は避けて通れない重要なテーマとなっています。2024年現在、DXは単なる技術的な進歩を超え、企業経営の根本的な変革を意味するキーワードに進化しました。本記事では、DXの基本的な意味合いから、具体的な事例、効果的な進め方、さらには最新のトレンドに至るまで、幅広く分かりやすく解説していきます。

目次

DXとは?意味をわかりやすく簡単に説明!

DXとは、デジタル技術を活用して企業や組織のビジネスモデル、業務プロセス、組織文化、顧客体験などを根本的に変革し、新たな価値を創出する取り組みのことです。このプロセスは、単に新しい技術を導入すること以上の意味を持っています。

しかし、そもそもDXの本質的な意味とは何でしょうか?DXは一体なぜ必要なのでしょうか?DXの詳しい意味とともに、DXの必要性について詳しく見ていきましょう。

読み方、意味、定義とは?DXは何の略?

DXは「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略称です。「Digital(デジタル)」は、コンピューターやインターネットなどのデジタル技術やツールを指し、「Transformation(トランスフォーメーション)」は、変革や変化、大きな転換を意味します。英語圏では Trans を X と略すことがあるため、トランスフォーメーションは「X」と表されます。

DXとは、企業や団体がデジタル技術を駆使して大きく変わる過程のことを指します。この変化はただ新しい技術を取り入れるだけではなく、それを使って「やり方」自体を一新し、未来に向けて新しい価値を創造する動きです。つまり、どのようにビジネスを行うか、どのように顧客と関わるか、そして社内の文化はどうあるべきかといった基本的なことを見直し、より良い方向へと導くための戦略的な取り組みです。このプロセスは、今の時代において企業や団体が成長し続け、他と差をつけるためにとても大切です。デジタル技術を上手に取り入れ、活用することで、ビジネスモデルを刷新したり、業務をスムーズにしたり、顧客に新鮮な体験を提供したりすることができます。DXは、単に新しいツールを使うこと以上に、それをどのようにビジネスに役立てるかに焦点を当てた、未来を見据えた取り組みなのです。

なぜDXは必要なのか?その理由と目的とは?

現代のビジネス環境は、常に変化し続けています。この変化の中で企業が生き残り、さらに成長するためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)が鍵となります。では、なぜDXはそれほどまでに重要なのでしょうか?その理由と目的を掘り下げてみましょう。

市場の変化への対応

デジタル技術の進化は止まることなく、それに伴い市場や顧客のニーズも絶えず変化しています。DXは、これらの変化に迅速かつ効果的に対応するための手段です。競争が激化する市場において、革新的で柔軟な戦略を取ることが成功の鍵となります。

効率性と生産性の向上

デジタル技術を活用することで、業務プロセスは劇的に効率化されます。自動化による生産性の向上、エラーの減少、コスト削減などが実現可能です。これにより、資源をより戦略的な活動に注力することができるのです。

新たなビジネス機会の創出

DXは、既存のビジネスモデルを超えた新しい市場機会を提供します。デジタル化されたデータを活用することで、新しい顧客層の開拓や、未探索の市場に進出することが可能になります。

顧客体験の向上

デジタル化により、顧客との関わり方は一変します。オンラインプラットフォーム、モバイルアプリ、ソーシャルメディアなどを通じて、よりパーソナライズされた顧客体験を提供することができます。

柔軟性とスケーラビリティの確保

ビジネスが成長したり、市場の状況が変わったりすると、企業はすぐに規模を拡大したり縮小したりする必要が出てきます。デジタル変革(DX)を進めることで、企業はこのような変化に柔軟に対応しやすくなり、必要に応じて業務をスムーズに調整することができるようになります。

イノベーションの促進

DXは、新しいアイデアやサービス、製品を生み出すためのプラットフォームを提供します。これにより、企業は市場でのリーダーシップを確立し、持続可能な成長を遂げることができます。

リスク管理とコンプライアンスの強化

特に規制が厳しい業界では、データの透明性と追跡可能性が重要です。DXを通じて、より効果的なリスク管理とコンプライアンスの遵守が可能になります。

【図解】DXとデジタル化の違いを理解しよう

DXとIT化の違い

DXとIT化の違い

IT化とは、業務やプロセスにコンピュータやソフトウェアなどの情報技術を取り入れ、作業をより速く、正確に、そしてコスト効率良く行うための取り組みです。これは主に、既に行っている仕事の方法を改善することに注目しています。具体的には、作業を速めたり、間違いを減らしたり、費用を削減することなどが目標です。この場合、改善の主な目的は「もっと多く」や「もっと早く」など、作業量やスピードを増やすことにあります。つまり、IT化は量的変化に焦点を当てているのです。

一方、デジタル変革(DX)は、IT化とは異なり、ビジネスの根本的な変化に焦点を当てています。DXは、技術を使ってビジネスモデルそのものを再考し、新しい価値を創造することを目指します。これは、ただ既存の作業を改善するのではなく、全く新しいサービスや製品を生み出すこと、または市場での競争方法を変えることを含みます。DXにおける変化は、「どのように」ビジネスを行うかという質的変化に重きを置いています。

DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションの違い

近年、「DX」と併せて、「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」という言葉が頻繁に用いられています。これらの言葉はしばしば混同されがちですが、実はそれぞれ大きく異なる意味を持っています。以下で一つ一つ確認してみましょう。

DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションの違い

このように、デジタイゼーションはデータのデジタル化に関するもの、デジタライゼーションは業務プロセスのデジタル化に関するもの、そしてデジタルトランスフォーメーションは組織全体のビジネスモデルと文化を含む広範なデジタル化に関するものなのです。

DXに似ている言葉をチェック!BX、CX、UXとの違い

BX、CX、UXとの違い

ここで、しばしばDXと混同しやすい「BX (ブランドエクスペリエンス)」「CX(カスタマーエクスペリエンス)」「UX(ユーザーエクスペリエンス)」について違いを確認しましょう。それぞれ独自の側面を持つ、相互に関連する重要なビジネスコンセプトです。

BX (ブランドエクスペリエンス)

BXは「ブランドそのもの」の体験です。あるブランドがどんなイメージを持っているか、そのブランドを見たり使ったりする時の感じ方を指します。たとえば、Apple製品を使う時の「洗練された、革新的」というイメージや体験がBXです。

CX (カスタマーエクスペリエンス)

CXは「顧客の旅」の体験です。製品を探すところから買うまで、そして使い続ける過程全てにわたる体験を指します。例えば、店での接客の良さ、購入プロセスの簡単さ、製品の品質、サポートの質などがCXに含まれます。

UX (ユーザーエクスペリエンス)

UXは「製品やサービス」の使い心地です。具体的には、アプリやウェブサイトなどを使う際の使いやすさや楽しさを指します。例えば、スマホアプリが直感的に操作できるかどうか、ウェブサイトが読みやすいかどうかがUXです。

DXの事例から学ぶ、成功するDXのポイントとは?

企業がDXを推進するための取り組み事例

トヨタ自動車

トヨタのDX
引用:自動運転ラボ/章男氏の”疑問”から誕生した「トヨタコネクティッド社」の全容

トヨタ自動車は、自動車業界におけるDXの先駆者として、コネクテッドカー技術を中心に据えています。この技術は、車両が集めたデータを利用してドライバーの行動分析、交通渋滞の予測、カスタマイズされたサービスの提供などを行うものです。この取り組みにより、車両の安全性と利便性が向上し、新しいビジネスチャンスを生み出しています。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行のDX
引用:ドコモと三菱UFJ銀行が業務提携 2022年中にdポイントがたまる「デジタル口座サービス」を開始へ 合弁会社の設立も検討

金融業界におけるDXの例として、三菱UFJ銀行は顧客チャネルの最適化や新たなデジタル金融サービスの開始に取り組んでいます。具体的には、「MUFG NEXT」という次世代営業店の展開や、NTTドコモとの業務提携による新たなデジタル口座サービスの提供が挙げられます。これらの取り組みは、顧客の利便性を高め、銀行業務のデジタル化を推進しています。

Grab

引用:アジアビジネス|三菱UFJ銀行|Recruiting Information

東南アジアの大手プラットフォーム企業Grabと三菱UFJ銀行の連携は、異業種間のDX事例として注目されています。2020年に行われた資本・業務提携により、Grabのプラットフォーム内のデータを活用し、従来の与信手法では対応が難しかったセグメントへの融資を可能にしました。この連携により、新たな顧客接点の拡大と金融サービスの革新が実現しています。

医療現場におけるDXの事例とその成功要因 

フィリップス

引用:フィリップス、HealthSuiteを活用したクラウド型の呼吸装置治療支援プログラム「ケア オーケストレーター」のサービスを開始

フィリップスはDXにおいて、医療機器やヘルスケア技術の先進企業として知られています。DXの事例としては、遠隔医療技術の開発やデジタルヘルスケアソリューションの提供が挙げられます。これらの技術は、患者の健康状態をリアルタイムで監視し、医療提供者に重要な情報を迅速に提供することを可能にしました。

GEヘルスケア

引用:GEヘルスケアが超音波診断装置のポータブルタイプ 高画質・高機能で軽量

GEヘルスケアはDXにおいて医療画像解析技術の革新とデータ駆動型アプローチに焦点を当てました。医療画像装置の高度化やデータ解析技術の進化により、診断の精度と速度を向上させ、データ駆動型のアプローチにより、患者ケアの質の向上や医療プロセスの効率化を可能にしました。

DXの推進がビジネスモデル変革に影響した事例

Netflix

NetflixのDX
引用:【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

NetflixのDXは、そのビジネスモデルを根本的に変革しました。もともとDVDレンタルサービスとしてスタートしたNetflixは、インターネットの急速な発展と動画ストリーミング技術の進化を捉え、オンラインストリーミングサービスへと事業を拡張しました。この戦略転換は、利用者が映画やテレビ番組をいつでもどこでも視聴できるという新しい体験を提供し、従来のエンターテインメント産業の枠組みを変えました。NetflixのDX成功は、テクノロジーの活用と市場ニーズへの敏感な対応の重要性を表しています。

Uber

引用:代表的なライドシェアリングサービス「Uber」を徹底解説。使い方やビジネスモデル、業界への影響まで

UberのDXは、タクシー業界に革命をもたらしました。Uberはスマートフォンアプリを通じて、乗客とドライバーを直接結びつけるサービスを開始しました。この技術革新により、伝統的なタクシーサービスのビジネスモデルを根本から変革し、移動手段の利便性と効率を大きく向上させました。Uberの成功は、テクノロジーを活用して市場のニーズに応え、業界全体の運営方式を変えることが可能であることを示しました。

DX化への7つのステップと進め方

DX化への7つのステップ

1. 現状フロー分析

まず、現在のプロセスや業務フローを詳細に分析します。これには、すべてのステークホルダーからのフィードバックや意見を収集し、現状の課題を特定することが含まれます。

2. 理想のフロー設計

現状の課題を踏まえて、理想的なプロセスや業務フローを設計します。自社の市場ポジションと競合他社と比較することで、自社の強みと弱みを理解するのです。この段階では、改善点や効率化のポイントを明確にし、目標を設定します。

3. データ設計

サービスや製品の成長に必要なデータを収集、整理し、分析可能な形に整えます。データを活用してビジネスを強化するための戦略を策定します。

4. CRM設計

成長を評価するためのキーパフォーマンスインディケータ(KPI)を設定します。これにより、目標達成の進捗を追跡し、戦略の効果を測定します。

5. CRM構築・開発

設定したKPIに基づいて、成長を促進するための施策を検討し、実行します。CRM(Customer Relationship Management)システムの構築や改善も含まれます。

6. 浸透戦略設計

目標達成に向けた戦略を設計し、市場に浸透させるための計画を策定します。市場展開戦略やプロモーション戦略を含みます。

7. 浸透・活用施策実行

設計した戦略を実行し、市場に浸透させます。施策の実施とモニタリングを通じて、目標達成に向けた成果を追求します。

経済産業省の視点から見るDXの現状と課題

経済産業省が定義するDXとは?

経済産業省は「デジタルガバナンス・コード2.0」において、DXを以下のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデ ルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競 争上の優位性を確立すること。」

出典:経済産業省/デジタルガバナンス・コード2.0

つまりDXは、企業が急速に変わるビジネスの世界に適応するため、データとデジタル技術を駆使して、顧客や社会からの要望に応える新しい製品やサービス、ビジネスモデルを生み出すだけでなく、会社の運営方法や組織構造、文化までも一新して、競争でリードする力をつけることを意味します。

経済産業省が指摘するDXの現状と課題

DXの推進状況の把握と支援

経済産業省は「DX銘柄2024」の選定を通じて、デジタル技術を基にビジネスモデルなどを抜本的に変革し、新たな成長や競争力強化を目指す企業を支援しています。この選定には、国内上場企業を対象とした「DX調査2024」が実施されており、DXの取り組み状況を確認し、フィードバックを提供することで、企業のDX推進を促しています​​。

参考:経済産業省/「DX銘柄2024」選定に向けた調査の実施について

産業変革の制度的支援

中小企業においては、DXの土台となるデジタイゼーション段階にも進んでいないケースが多く見られます。経済産業省は、ものづくり補助金、IT導入補助金、中小企業デジタル化応援たい、地方番IoT推進ラボ、ITコーディネーターなどのデジタル化推進策を通じて支援を行っています。企業が少ない投資でDXを推進するためには、共通プラットフォームの構築が重要とされています。

人材不足

DXを推進するためには、データとデジタル技術のかつ表でビジネス変革を構想できるDX人材が必要です。しかし、日本ではIT人材が不足しており、特にIT企業に偏在している状況があります。経済産業省はリカレント教育(学び直し)の社会基盤整備を通じて、IT人災の育成・確保を目指しています。

DXのトレンドの変遷

経済産業省が発表した「DXレポート」シリーズは、日本企業のDXに関するその時々の重要な指針を提供しています。

『DXレポート(2018年)』:「2025年の崖」 ITシステムの未来への挑戦

『DXレポート(2018年)』では、日本企業が直面する「2025年の崖」について警告しています。この「崖」とは、既存のITシステムが老朽化し、複雑化やブラックボックス化が進む中で、2025年以降に大きな経済損失をもたらす可能性があるというリスクです。レポートは、日本の企業がこの危機を回避するためには、デジタル技術を活用してビジネスモデルや組織構造を変革し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速する必要があると強調しています。日本の企業や産業がグローバル競争において遅れをとることなく、成長を続けるためにDXをどのように進めるべきかについての具体的な指針と推奨が示されました。

『DXレポート2(2020年)』:レガシーからの脱却

『DXレポート2(2020年)』では、DX(デジタルトランスフォーメーション)が単なる技術導入を超え、企業文化や組織構造の変革も必要であることを強調しています。このレポートは、既存の事業モデルや運営方法を見直し、デジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを構築することの重要性に焦点を当てています。また、DXの成功には組織全体の理解と取り組みが不可欠であり、企業が変革に向けて進むべき道を示しています。

『DXレポート2.1(2021年)』:ユーザーとベンダーの新しい連携

『DXレポート2.1(2021年)』では、ユーザー企業とITベンダー間の依存関係とそのジレンマを深掘りし、DXの進展における協働の重要性を探求しています。このレポートは、デジタル技術を最大限活用するために、ユーザー企業とベンダーがどのようにして協力し、共に成長するかの具体的な方法を提案しています。

『DXレポート2.2(2022年)』:デジタル産業への進化

『DXレポート2.2(2022年)』では、日本企業が直面するデジタル化の課題に対処し、デジタル産業への変革を加速させるためのアクションプランが提案されています。このレポートは、企業がデジタル技術を活用して新しいビジネス機会を創出し、競争力を高めるための戦略的な指針を提供しています。また、デジタル技術を利用した産業構造の変化と、それに伴う企業の役割の進化に焦点を当てています。

AI の活用?DXを支えるテクノロジーとソリューションとは?最新の動向を紹介

DXの最新の動向としては、AI(人工知能)のさらなる進化、IoT(モノのインターネット)の拡大利用、クラウドコンピューティングの普及加速、ブロックチェーン技術の応用範囲の広がり、サイバーセキュリティの強化、そしてリモートワークやデジタルワークプレイスの定着が見られています。これらの技術は、ビジネスプロセスの自動化、顧客体験の向上、効率的な運用管理、そして新たなビジネスモデルの創出を促進し、企業の競争力を高めることが期待されています。DXを支える最新のテクノロジーについて見ていきましょう。

IoT (Internet of Things)

センサーやデバイスをインターネットに接続し、データを収集・分析することで効率的な運用を実現し、新たなサービスやビジネスモデルを創出します。リアルタイムのモニタリングとデータ収集により、物流やサプライチェーン管理などの分野を変革しています。

AI (Artificial Intelligence)

データ分析、予測、自動化により意思決定を支援し、顧客サービスをパーソナライズすることでビジネスを変革し、製造業から小売まで幅広い分野でDXの最前線に立っています。これらの技術により、ビジネスは大量のデータを迅速かつ正確に分析し、より情報に基づいた意思決定を行うことができるようになりました。

RPA (Robotic Process Automation)

定型作業を自動化し、業務効率を向上させることで、従業員がより価値の高い業務に集中できるようにします。

BI (Business Intelligence)

ビジネスデータを分析し、可視化することで、より良いビジネス判断を下すのを支援します。

クラウド

ITインフラを柔軟に、かつコスト効率良く利用できるようにし、ビジネスのスピードと革新を促進します。

ブロックチェーン

取引の透明性とセキュリティを高め、サプライチェーン管理やデータ共有の信頼性を向上させます。

DXについてインタビュー調査!

実際に株式会社うるる様や株式会社ネクストビート様のDX支援をした、セブンデックス取締役、筒見さんにインタビューしました。

セブンデックス筒見

Q.1 日本企業におけるDXの取り組みの課題は何ですか?

筒見
日本の多くの企業では、DXを単にデータ移行やツール導入と誤解しています。本質的にDXは、ビジネスモデルや業務プロセス、さらには企業文化までをデジタル技術を駆使して根本から見直し、改革することです。しかし、実際には、これらの変革を伴わずにツール導入に終始してしまっている場合が多いですね。
インタビュアー
そのような状況を改善するために、企業はどのようなアプローチを取るべきだと考えますか?
筒見
まず、DXの真の意味を組織全体で共有し理解することが重要です。そして、デジタル技術の導入だけでなく、それを活用して新たなビジネス価値をどのように生み出すか、効率化をどのように実現するかに焦点を当てる必要があります。特に、データの活用方法を理解し、それに基づく意思決定やサービス開発ができるリテラシーの向上が求められます。

Q.2 DXによって企業文化に影響はありますか?

筒見
DXは、企業文化に大きな影響を及ぼします。効率化や合理化を推進し、データドリブンで意思決定を行う文化が根付くことになります。これにより、従来の直感に頼った判断から脱却し、客観的なデータに基づくアプローチが可能になります。また、DXは創造性や革新を促すため、0から新しい価値を生み出せる人材が重宝されるようになります。

Q.3 DX進展の大きなメリットは何ですか?

筒見
DXの進展により、企業はかつては分断されていたデータを一元化し、蓄積することが可能になります。これにより、単に店舗での取引データに限らず、オンライン行動や顧客フィードバック、サプライチェーンの情報など、あらゆるデータが線でつながる一つの大きな情報資産として扱われるようになります。線で繋がったデータを見ることで初めて分かることも多いです。
インタビュアー
そのような一元化された情報資産が企業にもたらすメリットは何でしょうか?
筒見
一元化された情報資産を活用することで、企業はより深い顧客理解を実現できます。顧客の購買行動や嗜好をリアルタイムで分析し、パーソナライズされたサービスやマーケティング戦略を展開することが可能になります。また、供給チェーンの効率化、製品開発のスピードアップ、リスク管理の強化など、組織全体の意思決定プロセスがよりデータドリブンで、効率的かつ効果的なものに変わります。

DXならセブンデックスにおまかせ

DX領域では、Salesforce、PardotなどのSFA/MAツールの活用支援を通した、組織開発までを行っています。UXデザインの課題解決プロセスを応用した進め方で、企業の経営課題に対してどの様にデータを使って解決すべきか、解決の指標はどうするか、現場がKPIを理解しながら仮説検証できる様になるにはどうすればよいか、組織に寄り添いながら進めています。これまで、うるる、ネクストビートなど、300名規模までの組織に対して、スピード感を持った支援を行ってきました。以下の記事もぜひご覧ください。

DX支援資料

セブンデックスのDXプロセスと実績詳細が解説されている資料を無料でダウンロードできます。