カルチャー

【多摩美術大学×デザイナー】美大出身だからこそ出せる価値が、そこにはある。

セブンデックスにはたまたまですが多摩美術大学出身のデザイナーが複数名在籍し、日々活躍しています。今回は3名のデザイナーのルーツを辿り、今に活きる美大カルチャー、美大出身だからこそ出せる価値に迫りました。

(左から佐久間、臼井、安部)

▼プロフィール|佐久間 美里
多摩美術大学卒業後、DeNAで新規アプリサービスの設計,UIデザインに携わる。2020年にセブンデックスに入社し、アミューズの新規事業UXUIデザインなど、企画段階から、UIデザインまで、様々なフェーズの支援を行っている。

▼プロフィール|臼井 結那
セブンデックスのデザインとビジネスに対する思考の深さに魅力を感じ、2020年3月からインターンとして入社。人々が抱える「生きづらさ」をデザインの力で無くしていくべく、デザインの本質を探りながらさまざまな分野のデザインについて学んでいる。多摩美術大学統合デザイン学科在籍。

▼プロフィール|安部 裕子
多摩美術大学卒業後、広告制作プロダクションに入社。ビジュアルデザインを軸とし、デザイナーとしてナショナルクライアントをはじめとした様々な案件に携わる。2020年セブンデックスに入社し、クライアントワーク支援や社内のクオリティーマネジメントなど幅広く携わっている。

それを「デザイナーの仕事」と知り、歓喜

筒見
はじめに、みなさんがデザイナーを志したきっかけを教えてください。
佐久間
最初は小学校の頃絵が好きだったことから絵描を目指したのがきっかけです。そこからアニメーター、漫画家、デザイナーと徐々に変化していきました。
デザイナーとの出会いは中学の美術の教科書だったのですが、ピクトグラムの話が載っていて、「デザイナーって仕事があるんだ」と知りました。

その頃から、例えばパッケージを見ても「この赤には絶対意味があるはず」とか、世の中の物に対する意味付けを漠然と考えてましたね。
デザインというものに漠然と興味を持っていた中、進路を決める時に「美大」と言う選択があると知って、そこでデザイナーを目指しました。

安部
私も昔から書くことが好きで、好きだった音楽バンドのロゴを自分のワードに置き換えてそれっぽく書くとか、ロゴやタイポグラフィーの様な絵をよく書いてました。ファンサイトとか待受画像を作って配布してたんですが、ちょっとした製作ではなくフリー素材とかを使って割とガチで作ってて。今見てもちゃんとしたの作ってるな、みたいな感じです。

初めてデザイナーを知ったのが本屋の洋書セールで見つけたデザイナーの本で、読んでいるうちに興味を持ちました。その頃は漠然となってみたいなと思っていたのですが、現実的になったのが美大を目指していた友達と一緒に行った多摩美の芸術祭。
見た瞬間「ここに行ったらデザイナーになれる!」と美大を目指しました。
本屋から始まり美大を目指す友達がいて、何か一つでも欠けていたら私はここに居なかったですね(笑)。

筒見
凄い運命…
臼井
私がデザインという言葉に初めて触れたのは小学生の時で、ユニバーサルデザインに興味を持ったのがきっかけでした。
不便を便利にするとか、一部の人には暮らしにくい社会をみんなが暮らしやすくする、その解決方法がデザインなんだな、と。

そこから特にデザインに関わるわけではなく高校生になったのですが、将来を考え始めた時に「暮らしやすい世界を創りたい…あ、デザイン!」と思い出しまして。理系の高校だったので工学デザインしかない中、多摩美なら理系でも行けると知って目指しました。

筒見
ユニバーサルデザインから始まった課題解決のデザインという認識と美大が繋がったのはどうしてですか?
臼井
デザインだと知らなかっただけで、元々美術、漫画、特にイラストは好きでした。中学生の頃にはよくiPhoneで画像制作もしていて、この歌の世界観を表現するにはこのフォントとこの写真が合う!みたいなことを考えるのが好きでした(笑)

デザインと言う単語を知って、美術が好きで、気になってた美大に理系でも入れる…わ〜全部繋がった!と、もう運命でしたね(笑)

美大で磨かれる感性

筒見
多摩美ではどんなことを学ぶんですか?
佐久間
私は情報デザイン学科出身なのですが、まずはUIデザイン。企業との共同イベントでUIデザインを知って、良いなと思って専攻しました。

3年生からはメディアデザインというゼミに所属したのですが、面白かったのが接点を考える授業。
人と人との接点なら手段は何でもよくて、手法を選んで伝える様な授業です。
例えば「あなたにとって本は何ですか?」をアニメーション、プログラム、紙芝居などで表現します。
私は製本に興味があり本を製作したのですが、伝えることの大切さを学びましたね。

筒見
情報デザイン学科らしい授業はありましたか?
佐久間
それで言うとプログラミングの授業が必修でありますね!HTML,CSSは一通りやりました。得意かどうかは…(笑)
安部
私はメディア芸術学科で、インタラクティブアートみたいなことのをやってました。
ライゾマティクスが盛り上がり始めた時だったのと割と何かに流されるのが好きで専攻しました。
特に認知心理学的なものに興味があって。人のグニャグニャってした感じと数字を組み合わせるのが面白いなと思って、それを表現するためにインタラクティブアートをやっていました。
筒見
人のグニャグニャした感じ?
安部
卒業制作の作品なんですが、人が笑う時ってつられ笑いするじゃないですか?バラエティ番組とかで「わー!」みたいな。
誰かが笑うと笑い声が聞こえてきてこっちも笑って、みたいな連鎖が起こる状態をアートで表現しました。
佐久間
それってもしかして優秀作品に選ばれたウワサのあれですか!?
筒見
すごい!!
臼井
私は統合デザイン学科で、グラフィック、プロダクト、描写、インタフェース、プログラミングと基本何でもやってます。
プロダクトはドライヤーや椅子をつくったり、グラフィックでは色彩や構成力を身につけたり、表現力も大事だよねってことで描写も。

インタフェースの授業は印象的だったんですが、いわゆるUIの話では無くて、「人と人に限らず、人とものなど、全てにおける接点のことをインターフェースと呼ぶ。」っていう本来の意味を教える内容でとても面白かったです。

筒見
インタフェースの授業はどんなことを学ぶんですか?
臼井
印象的な課題を一例として挙げますが、
まず最初に5枚の絵を見せて実は共通点があるけど何が共通点がわからない。けど最後の6枚目を出すと全部の共通点を表すわかりやすいヒントがある。というルールで、お題から6枚の絵まで全部考えて自分で描く課題がありました。
関連ワードを100個出しては収束させて、最後は表現してとめちゃくちゃ脳筋使いました。コミュニケーションの基礎を叩き込まれましたね。

2年目からはダイアグラムやインタラクションなど細分化しつつ、引き続き描写やプロダクトなど幅広い分野のスキルを磨いていきました。

「なんか」を感じ、表現してから言語化するカルチャー

筒見
「多摩美っぽいなぁ」の様な、共通する部分ってありますか?
安部
私の時はデザイナーと言えば広告のグラフィックデザイナー・アートディレクターを目指す人ばかりだったので、デッサンや色彩構成はみっちりやりました。なのでグラフィック強い人は多いですね。
佐久間
わたしもデッサンと色彩構成で入学した世代なので基礎を叩き込みました。
安部
あとは、どうまとめていくか、最後までの持って行き方は強いのかなと。
デザインで「最初どうするんだろう、最後どう持っていくんだろう?」となった時の解決方法は気合で出せますね。
ひたすら「講評」しては評価を受けて磨かれたのが根本にあるのかなと思います。
筒見
講評?
臼井
「講評」の文化って美大ならではですね!感性を磨かれます。

基本的に授業は課題をやってきて講評、意見をもらうんですよね。
とある週に「この日が講評日だよ」と言われたら後は自分で答えを見つけに行く、やらざるを得ない状況。
そして講評の時はクラス全員の前でプレゼンするんですが、出来が悪かった時は「隠したい…」みたいな(笑)。

強制的に客観的に見させられて、「ここなんでこうしないの?」に必死に答えて、時には恥をかくこともあって。
自分が作ったものを客観的に批評され続ける時間が高頻度で1年中やってくるので、良いものを出し切ることは身につきますね。

安部
講評で面白いのが感覚のフィードバックもあること。
美大って雰囲気で話し合うことが多くて、説明なしに「ここなんか変じゃない?」みたいな(笑)。

またその「なんか」について「なんかって何?」と考えるんですよね。言葉にできない「なんか」って大事なんですよ!

臼井
なんか、ですね!(笑)
佐久間
なんか、わかる!(笑)
筒見
(「なんか」で共鳴し始めたぞ…?)
臼井
前に教授が「君たちはなんかをわかる能力がある。実はそれは凄い特殊な能力で、育てていくべき能力なんだから、そのなんかを感じて言語化できるようになりなさい」と言ってて。
「私はなんかがわかるんだ」って嬉しくなったのを思い出しました!

そこからの言語化が大変なんですけどね(笑)

筒見
凄い感覚…その感覚で通じ合っちゃう弊害ってないんですか?
佐久間
全員なんかで通じ合っちゃうからなんですが、一歩外にでたらホントに何も通じないことに絶望しました(笑)
安部
私もなんかに対して開き直っちゃってたんですが、いざ社会人になったら
あれ?野に放たれた?あれ?」みたいな(笑)
臼井
美大出身「野に放たれた」って言いがちですよね(笑)
佐久間
なんかに関連してしてですが、美大の課題では先にものを作って後からコンセプトを考えるんですけど、それは後付けじゃなくて、内に秘めたなんかを頑張って言語化してるんですよね。これがデザイン思考だなとは思います。

なんかの追求と言語化をひたすら繰り返すのは美大ならではですね。

手を動かし頭を回す。答えを導く力

筒見
今のキャリアに活きる、美大出身ならではの強みってなんですか?
佐久間
最後の追い込みは誰しもが経験してますし、仕事でも出ちゃいますね。1回作ってもあれもこれもと気になって、ギリギリまでやっちゃいます。
臼井
火事場の馬鹿力ありますよね。急にスタミナ回復するみたいな(笑)
美大だとものづくりに没頭するので、平気で夜通し頑張っちゃったりするんですよね。夜中に作った部分が一番良く出来てたり、急に覚醒するのは不思議ですね〜。
安部
学生時代は毎日文化祭でしたね。みんなで「わー!きゃー!できたー!」みたいな(笑)
それで講評日は基本寝不足なのに終わったらとりあえず飲みに行って「あれ良かったね〜」といつまでも話しちゃう。
作ることに本気になった経験があるからこそ、仕事も「何でも来い!」ってなりますね。
臼井
あとは、「あったらいいな」で終わらせずに、まず作ってそこからブラッシュアップして作り切ることは毎回やりますね。
筒見
普段の業務を見てて、作ることに対するハードルが低いですよね?
安部
とりあえず手を動かさないとわからないからなんですよね。「頭で考えるんじゃなくてとにかく手動かせ」って言われ続けてきたからか、形にしたほうが速くて。
佐久間
たとえ話で「ドーナツの穴は大きいと知るには作らないとわからない」って言うのがあるんですが、本当にその通りなんですよね。
とりあえず作ってフィードバックから改善して、とやりたいので、作ることのハードルは本当に低いです。
筒見
上流設計からデザインを進める時ってどうしてるんですか?
臼井
例えばUXの5段階モデルだと、戦略の時にもの作って、要件決めながらものをブラッシュアップして、みたいに行ったり来たりしますね。
佐久間
わかる!イメージを持つために上流設計の時でもこっそりデザイン作っちゃってます(笑)。
要件が決められていくのと同時にUIデザインも作っていくので、いざUIデザインフェーズに入ったときにはすでになんとなく答えが見えてるんですよね。
言葉や文章を汲み取りものを作って壊しながらも答えにたどり着く。この力は強いなと思います。
安部
ひたすらデザインと向き合ってきたからこそ、感覚とロジックを同時に交わらせながらアウトプットできる。デザインに対する思考の深さ・幅・速さは、まさに美大で早く学んだからこその価値だと思ってます。