KNOWLEDGE
KNOWLEDGE

【図解】ブランドの好感度が上がる心理学効果

ブランドを発信していく時、広告を打ったり、メディアで発信したりと大々的にPRを行いますよね。単に認知を上げるため戦略として捉えられることが多いですが、実は心理学に基づいた効果が作用しており、理にかなった戦略です。

今回は心理学と言う視点からブランディングについて深掘りしたいと思います。

好感度が上がるザイアンス効果とは

ザイアンス効果は、1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめ、知られるようになった心理効果です。どんな効果かと言うと、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果です。
日本語では単純接触効果と呼ばれていたり、ザイオンス効果、ザイアンスの単純接触効果、ザイアンスの法則とも呼ばれることがあります。

もちろん、万能と言うわけではなくこの効果が得られない場合もあります。
それは、もともと嫌いだったりネガティヴイメージをもっているパターンです。私自身も「好きじゃない」と思っているWEB広告を何度見てもクリックしないですし、購買に繋がったりもしません。むしろ、「二度と見たくない」「うざい」と思ってしまいます。嫌だと思い込むと、嫌なところばかりに目がいってしまい回数を重ねるごとに好感度が下がってしまいます。そういった場合には逆効果です。

このザイアンス効果が有効になるのは、まだ認知していない初見の状態であったり、感情が好きでも嫌いでも無い中間地点にある場合です。

ブランドを好きになってもらうには

好きな人(一目惚れの場合)にどうやったら好きになってもらえるでしょうか?
いきなり告白をして受け入れてもらえるか…なかなか受け入れられないですよね。だって初対面ですし!自分が当事者だったら全くの初対面の人からの告白は怖いですね。
好きになってもらう為にはやはり努力は必要で、たまに顔を合わせる・挨拶をする程度から友達になったり、遊びに行ったり会う回数を増やして好感度をあげてからの方が受け入れてもらえるかもしれませんよね。告白される側も、知った仲であれば初見の怖さはないはずです。

接触回数を増やすことで好感度を上げ、告白して恋人になる。
これはまさにザイアンス効果が作用しています。

ユーザーに置き換えると

好きな人の視界に入る  =  ユーザーとの接触回数を増やす  =  認知を上げる
⬇︎
好きな人に自分のことを知ってもらう  =  認知が上がると理解度が上がる  =  好意をもってもらう

接触回数が増えることでユーザーに認知され、そのブランドに対しての理解(世界観など)が深まっていく。ブランディングにおいて、このザイアンス効果が働いているからこそブランドが浸透しているわけです。

一番身近なザイアンス効果の例としては、インターネット広告です。
検索結果からその人の趣向に合いそうな広告を何度か表示してコンバージョンさせる。興味がないとうざいと思うことも多いですが、何度か見ていると気になったりしてきませんか?最終的にクリックしないとしてもその名前を検索してみたりと認知と好意(興味)が発生しています。

広告だけでなく街中でも、何人かすれ違ったおしゃれな人が同じものを持っていたら気になりませんか?持っているものに対しての認知が発生し、持っているモノのおしゃれさから世界観や趣向が読み取れ興味が湧いてきます。

これだけに限らず人々の周りには色々なところに接点があり、現代はブランドを好きになってもらう媒体で溢れています。

全てがブランディングに通ずる

事業はひとつのメディアである
事業はコミュニケーションのひとつのメディアだと捉えています。全ての活動をコミュニケーションとして捉えており、企業やブランドの本質を掴んで、それをピカピカに磨いて社会に提示することです。

佐藤 可士和(クリエイティブディレクター)

https://www.projectdesign.jp/202105/creators-philosophy/009295.php

佐藤可士和さんのインタビュー記事で、全ての活動をコミュニケーションとして捉えるとあり、ユーザーとの接点ひとつひとつがブランドを強める手段であることがわかります。

実際、佐藤可士和さんの手がけてきたお仕事のクリエイティブは印象に残りやすく、接触する機会も多いと感じます。大手だからと言うよりも、クリエイティブアイテムが街中にあったりショップバッグだったりと目に入りやすい仕組みにも目を向けているからこそなんだと思います。

創り出すものひとつひとつの接触範囲を考慮して戦略を練ることが、ブランディングの成功法の1つかもしれませんね。

1992年 石川県出身。富山大学芸術学部卒業後、デザイン事務所、自動運転開発企業、ベンチャー企業でデザイナーとして従事。デザイン思考の可能性を感じCI/VIからUXUIへと領域を拡大。2019年セブンデックスに入社。生み出すデザインにも人生と言う名の最高に格好いいLIFEを贈る為に日々奮闘中。