セブンデックスを知る

【社員インタビュー】本質的課題の解決で事業を成長させるプロジェクトマネージャーを志す理由

今回のインタビューは、プロジェクトマネージャー/UXデザイナーの西野。
大手企業の営業でUXデザインの本質を知りPM/UXデザイナーを志した理由をお聞きしました。

◆プロフィール大学では情報を選考。不動産企業のインターンを経て新卒でマイナビに入社。営業としてマイナビ転職や、求人広告販売を担当。全社表彰/社長賞獲得。CX(Candidate Experience)を通して広義のデザインに可能性を感じ、また自分の仕事の領域を広げたいと思い、セブンデックスにジョイン。現在はPM/UXデザイナーとして不空案件を担当している。

顧客のことを考えて価値を創る。営業で学んだ体験設計の大切さ

ーキャリアについて教えてください

大学時代のインターン関連でたまたま合同採用イベントで採用担当の方とご縁があり、新卒で前職の株式会社マイナビに入社しました。

理系の大学から営業職になったので、全く違う環境に飛び込みましたね。入社当初は「良い商品が揃ってるし、自分が売りたいものを提案すれば売れる!」なんて思ってたのですが、現実はそんな甘くなく。笑 全く鳴かず飛ばずの日々が続きました。自分なりに頑張っては見たものの、なかなか結果が付いてこなくて。

そんな時に営業の本質をすべて教えてくれたのが、チームのマネージャーだった中村(現セブンデックス代表)です。例えば営業の心得。自分が売りたいものを買ってくれる人なんてまずいない、いかに相手の立場で物事を考え、相手の為の提案ができるか。その為に、

  • 会社が求めている人物像を描く|ペルソナ
  • 人物像が転職において何を重視しているか、何に惹かれるのか、指向性を明確にする
  • 指向性に対して自分たちの持ってる商品を使えばどんな体験ができるか

と、顧客の体験と求職者の体験を定義し、最適解を提案するように心がけました。この頃から営業成績も徐々に伸び始めてきまして、最終的には全社表彰/社長賞を頂くまで成果を出すことができました。

当時を振り返ってみて、今思えば当たり前かもしれないですが、「商品を売ることが目的ではなく、商品を通して顧客や求職者の現状をどう変えられるか」、顧客の本質的課題を解決することがいかに重要かを学びましたね。

Article content

本質的課題を解決できるメンバーと事業を成長させたい

ーセブンデックスを選んだ理由を教えてください

上辺だけではなく顧客の本質と向き合いたい。CX(Candidate Experience)を通して広義のデザインに対する可能性をとても感じていました。
将来は営業のキャリアを伸ばすだけではなく、営業で培った経験を通して、課題解決できる人材になりたいと思い、プロジェクトマネージャーやUXデザインに興味を持っていました。

そんな中、前職の上司だった中村と会う機会がありまして。セブンデックスで行っていた「事業成長にコミットすることを目的にUXUIデザイン、ブランディング、マーケティングで支援している」という事業内容を聞いて、まさに「これだ!」と思いました。
後日セブンデックスのメンバーとも会ったのですが、また個性的で。笑 大胆さもあるし丁寧さもあるし、みんながプロフェッショナルとして真剣に企業の課題解決と向き合ってるんだなと感じました。この時明確に入社したいと思いました。

どんな課題でも最適解を出せるプロフェッショナルへ

Article content

ー現在セブンデックスで担当している業務を教えてください

もともと営業だったこともあり、案件提案時から積極的に関わっています。やっぱり提案段階からクライアント様の課題に対してなにができそうか、真剣に向き合ってあげたいと思うんですよね。

受注した案件では、初期の戦略、要件定義段階から、UIデザイナー交えて議論しながら進めています。上流工程からUIデザイナーやマーケターの意見を取り入れながら、ビジネスの最適解を見つける。セブンデックスの強みである「ビジネス×デザイン」を体現しながら取り組んでいます。

ー今後どの様なキャリアを歩んでいきたいですか?

個人的なキャリアで言うと、まずはプロジェクトマネージャー/UXデザイナーとして、複数案件を積極的に回せるようになりたいと思っています。 様々なクライアント様と関わる中で、業界も違えば課題も違って、その中で最適解を見つける作業はとても刺激的ですしスキルとしても身に付きます。経験を積み重ねてどんな場面でも対応出来ることを目指しています。

会社目線で考えると、間近で事業成長に関わることができるのは非常に良い経験だと思っています。特にセブンデックスの場合は、会社の成長につながるのであれば領域関係なく仕事をすることができます。
例えば前職の知見を活かして採用活動も行ったりしています。自分たちで会社を伸ばす感覚は楽しいですね!

ー最後に、セブンデックスはどんな方におすすめしたいですか?

常に現状に疑問を持ち続け、より良い方法はないか、探求し続けたい方にはピッタリだと思います。 メンバーの面白いところが、普通に見て「これは100点だよ!」って思うことでも、「いや、もっと上狙えるんじゃないか。」みたいに、常に上を見続けているんですよね。どんなに良くても慢心しないと言うか。
思ったことは何でも提案できるし、チャレンジできる環境なので、そういったところに面白みを持って頂ける方はぜひお待ちしております!

ココロうごかすを体現したい方募集中!

セブンデックスでは『ココロうごかす』をミッションに情熱を持って働きたい方を募集しています! 少しでも興味を持っていただけたら、まずは気軽にお話を聞きに来ていただければと思います!