採用

事業成長のために役割を越境する、UIデザイナーのマインドセット

セブンデックスではメンバーが常に会社の最適解を考え、アクションに移しています。事業を成長へ導くため、個人の役割を越境して組織の体系化にコミットする想い、マインドについて聞きました。

▼プロフィール|石橋 力
大学卒業後、ファッションレンタルサービスを展開する株式会社エアークローゼットにて、様々な媒体のデザインワークやチームビルディング等を経験。ユーザー要求とビジネス要求の両立を果たすデザイナーになる、という目標からセブンデックスのVisionに共感しJoin。大手クライアントのリニューアルプロジェクトに関わりつつ、役割に囚われず組織文化醸成なども手掛けている。

個の限界を超える、チームのチカラ

ー前職のエアークローゼットではどの様な役割を担当していたのですか?

前職ではUIデザイナーとして、アプリ/webのUXUIデザインを中心に事業に関わるデザインすべてを担当していました。
また、「組織パフォーマンスの最大化」を目的に、デザインシステムの導入、デザインツール統一、デザインナレッジシェア、クオリティマネジメントなどの効率化も推進しました。

ー組織でパフォームすることを大切にしていますが、どの様な想いがあるのですか?

私自身大事にしている考えがあって、「良いモノを作るには、良いチームが必要」だと思ってます。
1人だと1日24時間以上のパフォーマンスは物理的に出せないですし、自分の能力以上の成果は出せない。これをチームとしてコミットできれば個の力では到達できないクオリティーのアウトプットを最速で出せます。
目の前のデザインに夢中になるのも面白いですが、視座を一段階上げてチームに目を向けることで、想像以上のアウトプットができるし、事業成長にも繋がるし。それって最高に面白いですし、自分にとっても実は一番学びが多いんですよね!

ー個よりチームの成果を大切にするスタンスはいつから持ち始めたのですか?

当時の上司がきっかけです。組織が未完成な中、チームの方向性を的確に示してくれたのですが、メンバーが今まで以上にモチベートされて自走するようになって。そんな状態を目の当たりにして、「導き方一つでチームの力はここまで大きくなるのか!」と実感しました。その経験があってから、個人以外にも事業、組織を軸に考えた時の最適解は?と目を向けるようになりましたね。

sevendex_ishibashi

ビジネス視点はUIデザイナーの共通言語に

ーそこからどんな経緯でセブンデックスにジョインしたのですか?

転職を考えるにあたって、2つきっかけがありました。

1つ目はデザインの捉え方に広さを感じたから。カジュアル面談でデザインの定義の話になったのですが、デザインを戦略や分析などの上流のフェーズから捉えていたことが印象的です。
「デザイン」っていう言葉は、すごく広く捉えると何でもデザインって言えるじゃないですか。組織作りも「組織デザイン」だし、業務の流れを設計するのも「ワークフローデザイン」みたいな。そういった広義のデザインとして捉えて、より良いデザインをしていこうという意識がフィットしました。

2つ目は「デザイン」×「ビジネス」のマインドと、それを創り出す組織整合性の考え方がマッチしていたから。
ユーザー体験というものは、ビジネスの上で成り立っています。そしてビジネスの大きな目的はお金を稼ぐことですよね?より良いユーザー体験を設計するにはビジネス観点が必要だと思っていたのですが、この感覚は組織で再現しなければ常識を変えるようなアウトプットは出せないなと。
セブンデックスのタグラインが「事業成長にコミットするUXUIデザインカンパニー」なのですが、会社が掲げてるだけではなく、メンバー全員がビジネスの感覚を持っていて「全員がビジネス視点を持ってるなんて凄いな!」と感動しました。

役割を越境し、自ら事業/組織の正解を作る

ー仕事をする中でどんな所にやりがいを感じてますか?

現在は大手クライアントのリニューアルプロジェクトに携わっているのですが、クリエイティブ領域はもちろん、プロジェクトアシストやリサーチなど、UIデザイナーとしての役割を越境してどう事業成長に繋げられるか日々最適解を出しながら進めています。
答えが無い中で正解に近づいていく感覚は痛気持ち良いと言うか、面白いですよね!

sevendex_ishibashi

ー今後どの様なキャリアを歩んでいきたいと考えていますか?

個人の目標としては、何か世界を変えられるようなプロダクトを生み出したいと思っています。ただそれは1人では成し遂げられず、達成のためには最高のチームが必要。
セブンデックスには多彩なメンバーが集まっているので良いチームは出来上がってるんですよね。じゃあ今の良いチームから最高のチームを目指すために、まずはセブンデックスらしさをさらに強めるような、文化醸成を行いたいと思ってます。

具体的にはデザインする上でのフィールドづくりをやりたくて、例えばデザイナーが常に同じベクトルを向ける仕組み作りや浸透施策を進める予定です。僕の中ではフィールドづくりからデザイン。自分で組織の正解を作っていこうと思います。