UXデザインの5段階モデルとは|ビジネスを成功に導く設計

UXデザイン

UXデザインを考える上で5段階モデル(ギャレットの5段階|5階層モデル)の考え方は非常に重要です。5段階モデルを元に考えることで、ユーザー目線を取り入れつつビジネスを成功に導くことができるのです。
逆に5段階モデルの考えを取り入れなければ、それはUXデザインとは呼べない、と言っても過言ではありません。

UXデザインの5段階モデルとは何なのか、どのようなことを行うのか、ご紹介したいと思います。

UXデザインの5段階モデルの考え方がビジネスにおいて必要な理由

みなさんはサービスのデザインを考える時どの様に考えていますか?もしかすると、「購入ボタンを大きくしたら購入者が増えそうだから大きくしよう」、「派手な色にしたら目に付くからそうしよう」など、見た目のデザインから考えていませんか?
なにかの経験など論拠があれば良いですが、ない場合それはデザインと呼べるのでしょうか?

例えば家を作る工程で例えてみましょう。家をデザインする際、いきなりデザインラフを書いたらどうなるでしょうか?
そもそも土地の大きさ、予算にも合わないですし、住む方のニーズにも合わないですし、建築の法律的に建造不可能であったり、誰も買うことのできないただのお絵かきになってしまいますよね。。

そこまでひどくなくても、見た目よりからデザインすると、外観は良いけど間取りが変で住みづらい家になったり、どこかしら矛盾が生じてしまいます。


ここで改めて、デザインとは何でしょう?
デザインを訳すと『設計』。そう、デザインするとは設計することなのです。

家でいうと、限られた予算の中で顧客ニーズを実現し、満足してもらった段階で販売、提供し利益を生む。この一連のプロセス自体がデザイン|設計にあたります。外観など見た目のデザインはプロセスを経て出てきた最終成果物でしかありません。

見た目の最終アウトプットに至るまでのプロセスは5つの段階で構成されています。この5段階がビジネスとして成り立たせるためにいかに重要か、そしてUXデザインの本質を少し理解頂けたかと思います。

次の章から具体的なUXデザインの5段階モデルについてや、各段階の詳細を深堀りしていきましょう!

UXデザインの5段階モデルとは

UXデザインの5段階モデルとは、最終的な表層に至るまでの工程を5段階に分けた考え方を表します。5段階に沿ってUXデザインを進めることで、企業の経営戦略とひも付き、ユーザーニーズにも合ったサービスを作ることができます。

先程の家の例でもあった通り、この5段階のどこかが欠けてしまうと、一見見た目が良くてもそれは根拠もなく戦略とかけ離れたアウトプットであると言うことです。

ビジネスをやっている以上『使いやすいもの』を作るのではなく、『使われるもの』を作る必要があります。そのためには、戦略という土台のもとでユーザーニーズを探り、そこから抽出した本質的課題を解決する、このようにロジックを通るように考える必要があるのです。

UXデザインの5段階モデルを取り入れるとどうなるか

UXデザインを考える上で5段階モデルは必須の考え方です。では、5段階モデルを取り入れることで具体的にどう変わるのか、実例を交えながらご紹介します。

当たり前のように使われて売れるサービスを考えるようになる

前述の通り、ビジネスを行っている以上、一番優先度が高いことは『ただ使いやすいだけではなく、必然的に使われその対価として売上を上げること』です。ボランティアでは無いので当たり前の思考。
しかし、5段階モデルに沿って職種が分かれている以上、現実は表層の工程に近いほど、ビジネス観点の優先度は薄がちです。

そこでプロジェクト開始の段階で5段階モデルの考え方をチームメンバーで話し合うことで、そもそもビジネスを伸ばすために立てられた戦略を実現する、そのための手段としてユーザー目線のアプローチで最適解を見つける、と言った思考を持つようになります。

ここで伝えておきたいのが、決してユーザー目線で物事を考えることが悪いとは言ってません。売れるものを見つけるための手段としてユーザー目線を使うべき、という事です。

この視点を全員が持っているだけで、必然的にユーザーに使われる最適解を考えられるようになります。

サービスの矛盾を早期に発見できる

次に、土台となる戦略設計から論理的に段階構築しているため、途中で起こる論理破綻を早期発見できるようになります。
例えば途中段階の構造部分でうまく設計ができなかった場合、下段階の要件が適切でない、タイミングが違うなどと特定することができます。

5段階モデルを取り入れていないと、「見た目のせいなのかな」、「そもそも事業の方向性が違うんじゃない?」と、なんとでも言えてしまいます。プロトタイプや仮説検証すらできない状態ですね…

すぐに立ち止まり簡単に修正できる状態にしておくことが、5段階モデルを取り入れることで実現できるのです。