KNOWLEDGE
KNOWLEDGE

UXデザインにおける使いやすさの設計|ユーザビリティとは?

ものを選ぶとき、何を基準に選ぶのでしょうか?機能性、安全性、デザイン性…。ものには様々な要素がありますが、ものは元来「使われる」ためにあるものです。ユーザビリティ、つまり「使いやすさ」は、もの本来の大切な特性なのです。

今回は、ものづくりにおいて、見落とされがちですが、とても重要なユーザビリティについて、UXデザインを踏まえながら、紹介しようと思います。

ユーザビリティとは

ユーザビリティは、英語では「useablity」、「use(使う)」と「ability(能力)」とを組み合わせた単語で、日本語では一般的には「使いやすさ」と言われています。それでは、「使いやすさ」とは何でしょうか?

人によっても、使うものによっても「使いやすさ」の意味は違ってきますから、ユーザビリティという言葉が世界中で様々な意味で使われます。そこで、1998年にISO(国際標準化機構)がユーザビリティという言葉を世界共通で以下のように定義しました。

「特定の目的を達成するために、特定の利用者が、特定の利用状況で、有効性、効率性、そしてユーザの満足度の度合い」

この文で用いられている用語は以下のように定義されています。

有効さ:利用者が、指定された目標を達成する上での正確さ及び完全さ。

効率:利用者が、目標を達成する際に正確さと完全さに関連して費やした資源

満足度:不快さのないこと、及び製品使用に対しての肯定的な態度

(JIS Z 8521:1999より)

この定義を元に話を進めていきます。

UXとユーザビリティは似ている

定義中の、「利用状況」とは、ユーザ、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境を指しています。

すると、「UX」に非常に似ていることがわかるのではないでしょうか。
というのも、「UX」は「ユーザビリティ」では表現できないことを伝える言葉として作られた言葉だったからです。ユーザビリティはモノの機能・性質そのものを意味しますが、より良いものづくりのためにはユーザーの感情も含めて設計する必要があると考えられ、UXという概念が生まれたのです。ですから、UXとユーザビリティはまるで親子のような関係なのです。

ユーザービリティを示す5つの要素

ISOの定義は本質的ですが、抽象的なものです。そこで、ユーザビリティをもう少し具体的に考察したものを紹介します。それは、1994年にユーザビリティの権威であるヤコブ・ニールセン博士が発表したものです。ユーザビリティを左右する5つの要素を挙げています。

学習しやすさ:システムは、ユーザーがそれを使って作業をすぐ始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない。

効率性:システムは、一度ユーザーがそれについて学習すれば、後は高い生産性を上げられるよう、効率的な使用を可能にすべきである。

記憶しやすさ:ユーザーがしばらくつかわなくても、また使うときにすぐ使えるよう覚えやすくしなければならない。

エラー発生率:システムはエラー発生率を低くし、ユーザーがシステム試用中にエラーを起こしにくく、もしエラーが発生しても簡単に回復できるようにしなければならない。また、致命的なエラーが起こってはいけない。

主観的満足度:システムは、ユーザーが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しくできるようにしなければならない

『ユーザビリティエンジニアリング原論』(邦訳は1999年、原著は1994年)

「何度でも」「簡単に」「ストレスなく」使える、ということに重点を置いたものであることがわかります。私たちはものを作る際にも使う際にも、機能性や装飾に目がいきがちだと思います。しかし、大抵のものは「何度も」使うものです。使うたびに、使い方がわからなくなってしまうようなものは使いにくいです。ユーティリティ、使いやすさがものとしての価値を高めていることに気づかされます。

UX・UI・ユーザビリティの関係性

先ほど、UXとユーザビリティは似ていると紹介しました。ここではUX・UI・ユーティリティの3つの関係を見ていきたいと思います。

まず、ユーザビリティでは表現できないユーザーの感情までもを含めたものがUXですので、ユーザビリティはUXの中に含まれます。また、UXとUIは、ユーザーインターフェースは体験の部分であるので、UIはUXの中に同様に含まます。

では、UIとユーザビリティの関係はどうでしょうか。ユーザーインターフェースと使いやすさの関係。使いやすさは、「usability」つまり「ability(能力)」なので、客観的なものとなります。つまり、設計できるものですから、ユーザビリティはUIに含まれるのです。ユーザビリティはUXデザインの5段階の中で設計されるもなのです。

使いやすいこととは良いUIにつながり、良いUIは良いUXへとつながります。ユーザビリティを考えることで、よいUXUIを生み出すことができるのです。

なぜユーザビリティが重要なのか

ISOの定義の考察からみる重要性

ユーザビリティとUXが似ていると紹介してきましたが、ここでは、改めて、ISOの定義を見ていきたいと思います。

特定の目的を達成するために、特定の利用者が、特定の利用状況で

まず、この部分ですが、「特定の」とあります。つまり、誰が、どのような状況で、何を目的に使うかを考える必要があるわけです。ペルソナに徹底的に寄り添っていることがわかります。次に、「有効さ」の定義を見てみましょう。

「有効さ : 利用者が、指定された目標を達成する上での正確さ及び完全さ。」

ここに「正確さ及び完全さ」とあります。利用者の目標をまずは捉える。そのうえで目標、そしてそれを阻む問題を、無駄なく、かつ確実に捉えてることを意味しています。目標が少しでもずれていると感じれば、利用者は使い勝手が悪いと感じてしまいますが、逆に正確に捉えられていれば、まさに必要としていたものとして認識してくれます。

そのうえで、「効率」と「満足度」も考慮することも重要になります。目標を正しく捉えられていたとしても、その道のりに無駄があって効率的でなければ、ストレスになります。また、ここまでが完璧だとしても満足できないと判断されてしまえば、使われくなくなる可能性があるわけです。

ペルソナに寄り添い、問題を確実に捉え、無駄なく、満足度を考慮しつつ、解決する。ユーザビリティが、まさにデザインであることがわかります。ユーザビリティを考えることは、利用者にとって本当に解決したいことを解決することにつながるのです。そして、それが良いUXにもつながるということです。

満足感に大きく影響

今度は、ユーザビリティの第一人者の黒須博士の図を紹介しながら、ユーザビリティの重要性を説明したいと思います。

この図は、UXの目的を仮にユーザーの「満足」としたときに、UXにおける満足を構成する要素を構造化したものです。先のISOによる定義では3要素(有効さ、効率、満足度)を並列に扱っていますが、博士は有効さや効率性が満足につながるとして、満足を上位概念のとして位置付けています。

引用:ユーザビリティとUXの関係 その1

図では、まず客観的品質特性と主観的品質特性とで左右で大きく分かれています。感性によるものは、右側の主観的品質特性にあり、左側の客観的品質特性の中にユーザビリティが位置付けられています。

満足感を得られる要素は沢山あり、どの要素が大事かは個人差があります。しかし、この図はユーザビリティが満足感に与える影響の大きさをわかりやすく伝えてくれています。ユーザビリティを含めた客観的品質特性、つまり土台があってようやく、利用者の好み・感性で選別されるのではないでしょうか。機能重視でものを選び際は、ユーザビリティが高いかどうかでほとんどを決定しているなんてこともあります。UXにおける、ユーザビリティ、侮るべからずでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ユーザビリティの奥深さは伝わったでしょうか?単に「使いやすい」わけではなく、利用者に徹底的に寄り添うこと、そして目的に対して問題解決する姿勢はUXそのものです。また、利用者の好みかどうかが問われてくるのは、使いやすいという前提があってこそのことです。日常ではあまり気付かない「ユーザビリティ」に私たちの生活は支えられているのです。身の回りにあるもののユーザビリティに少しでも興味を持っていただければ、幸いです。

UXデザイナー
学生時代に演劇活動など様々なものづくりの経験からデザインに触れたことをきっかけにUXデザイナーを志す。ミッションに共感し、新卒でセブンデックスに入社。リブランディングやテクニカルディレクションなど幅広く携わっている。