KNOWLEDGE
KNOWLEDGE

Webサイトでリード獲得するために、UX/UIとSEO対策を両立する理由

「サイト上でのリード獲得施策は、SEO対策のみでサイトのUX/UIは手つかず。」
または、「UX/UIの重要性は理解しているけど、サイトの構造を変更すると検索順位が下がってしまう可能性があるので避けている。」
このような方は多いのではないのでしようか。

しかし、Webサイトでリード獲得を行う場合、UX/UIとSEOは合わせて考慮する必要があります。

本記事では、UX/UIとSEOを合わせて考えるべき理由。また、UX/UI変更による検索順位低下のリスクと対応策についてお伝えしていきます。

1~2営業日以内に担当者が連絡いたします!
まずは無料で相談してみる

UX/UIとは

UXとは、ユーザー体験(User Experience)の略称です。ユーザーがその製品・サービスを通して得られる体験のことを指します。
次に、UIとはユーザーインターフェース(User Interface)の略称です。ユーザーと製品・サービスの接点のことを指します。

UX/UIは別の概念ではなく、ユーザー体験であるUXという概念の中にユーザー接点であるUIという概念が内包されています。

Webサイトにおいて、UX/UIを改善するとは、ユーザー視点でサイト上の体験を設計することです。
ユーザーがどのような情報を見たら、どのようなことを感じて、どんな行動をするのか考えてサイトを設計していきます。

SEOとは

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称です。

簡単にいうと、ユーザーにとっての最適な情報を表示するための仕組みになります。
Googleのアルゴリズムがコンテンツを認識し、ユーザーが求めてる情報と一致していると判断した時、検索上位に表示します。

SEO対策とは検索上位で表示されるために、アルゴリズムから認知されやすく、評価を受けやすいようにサイトを最適化することを指します。

UX/UIとSEOを合わせて考えるべき理由

次に、WebサイトでUX/UIとSEO、それぞれの施策がどのような効果があるか整理すると

  • UX/UI → サイトに流入してきたユーザーの満足度を高める。
  • SEO → サイトに流入してくるユーザーを増やす。

というイメージになります。
UX/UIとSEOを合わせて考慮する必要がある理由は、どちらが欠けてもリードには繋がらないためです。

例えるならば、SEOのみ重視しているサイトは、店に来る人を増やすだけ増やして、その後の接客やサービスは何も考えていない状態と同じです。これでは、来る人は増えても、売上には繋がりません。

UX/UIのみ注力しているサイトは、店の内装や接客には力を入れたものの、訪れる人が非常に少ない状態に例えることができます。

UX/UI変更による検索順位低下のリスク

ここまで、UX/UIとSEOを合わせて考えるべき理由をまとめてきました。
しかし、サイトのUX/UIを変更することで、検索順位が下がるリスクは存在します。
このリスクを恐れて、UX/UIの変更を躊躇されている方もいると思います。

SEOの仕組みでも述べたように、検索順位はGoogleのアルゴリズムにより決定します。
しかし、通常のUX/UIデザインのプロセスでは、アルゴリズムから認識・評価されることは考慮しません。

そのため、SEOを考慮せずにUX/UIの改善を行った場合、アルゴリズムに認識されづらい、評価されないという可能性があります。

具体的なケースとして

  • リンク構造を変えてしまい、アルゴリズムに上手く認識してもらえない。
  • 既存コンテンツの中で、評価されていた要素を変更してしまい、アルゴリズムにコンテンツ内容が悪化したと判断される。

などが考えられます。

リスクへの対応

UX/UI変更による検索順位低下のリスクは、十分な対策を行えば回避することが可能です。

基本的な対策は、アルゴリズムから良い評価を受けている要素は変更しないことになります。
具体的な方法として、

  • 現行サイトのSEO上位要因を把握し、その部分は維持したUX/UIデザイン案を提案
  • レイアウトやワイヤーフレーム(サイト骨組み)など、専門家のFBを受けながら進行。
  • サイトリリース時は段階的に行い。SEO順位を確認しながらリリースを行う
    等々

これにより、検索上位の要因を維持しつつ、UX/UIの改善によりCVRを向上する事が可能になります。

最後に

Webサイトでリード獲得を目指す場合、サイトの流入数を増やすためのSEO対策と、流入したユーザーの満足度を高めるUX/UIは必ずセットで対策しましょう。

「検索上位は維持しつつ、サイトのUX/UIも改善したい」そんなお悩みもご気軽にご相談ください!!

お問い合わせはこちら

UXUIデザイン支援資料

セブンデックスのUXUIデザインプロセスと実績詳細が解説されている資料を無料でダウンロードできます。

PM/UXデザイナー
大学在学中にPLAIDで業務経験を積み、相手を理解し相手にとって価値のあるものを創る、デザイン思考やマーケティングに興味を持つ。2022年にUXデザイナーとして新卒入社。