logo SERVICE WORK POST MEMBER RECRUIT COMPANY
        お問い合わせ        
logo drawer_menu
post wantedly
logo drawer_menu

POTALU

メニュー開発から店舗デザインまで。ポテト専門店の新規出店。
work

ABOUT THE PROJECT

クラフトポテト専門店「POTALU」を大阪のTUGBOAT TAISHOにオープン。事業企画〜マーケティング運用まで、店舗のオペレーション以外のクリエイティブ全般の支援をしました。「フライドポテトはみんな大好きだけど、いつだって主役じゃない。そんなフライドポテトの役割を変えられたら面白いのでは。」クライアントと一緒にゼロからコンセプトを立て、新しいお店を作ることができました。

WHAT WE DID

事業プロデュース(市場調査、事業企画etc…)

最初の情報は店舗の敷地面積のみ。「ワクワクできる新しい飲食店を作りたい」という想いを叶えるために、企画をスタートしました。敷地面積から中で食べて頂ける席は作れないので、カウンターで提供できるメニューを考えるために、出店が多く、流行に強い韓国へもクライアントと一緒に行きました。いくつものアイデアを検討し、価格感の設計や収益の計算なども行った結果、「多くの人に愛されるフライドポテトを新しく定義できるか?」という挑戦を選ぶことにしました。

コンセプトメイキング

フライドポテトをメニューに選定してからは、「どんなフライドポテトを提供するか?」をひたすらに考える日々。またフライドポテトを食べる時の体験を考えるために、左右の手で食べたり、お箸、フォークで食べたり。そんな中、「こんなに多くの人が好きなのに、なぜサイドメニュー扱いなのだろう?」という考えから、「フライドポテトをメインメニューにするとしたら、どんなものになるだろう?」を考え、現在のお店で提供していくカタチを考えました。想定ターゲットや市場トレンドのリサーチを踏まえ、新しいお店を認識してしてもらうためのコンセプト開発を進めました。

店舗デザイン

ワクワクする新しいお店の定義には「見て楽しい」「写真を撮って楽しい」も定めていたため、「どんなお店の外観であればワクワクする新しいお店になるのか?」を検討しました。お店の場所が川沿いで目の前に開放的な空間があることから、「鏡を起用することで面白い絵が作れるのでは?」と考え、鏡をアイデアの中心においてデザインを検討しました。

マーケティング支援

開店後もSNSを中心としたグロースハックを行うために、クリエイティブ・マーケティングの運用支援でお手伝いしています。データから読み取れる運営上の課題を抽出し、クリエイティブで何が解決できるか?次のとるべき施策はなにか?を戦略的に設計することを支援しました。作るところから伸ばすところまで。SEVEN DEXらしいクリエイティブ支援のカタチです。

OTHER WORK